• TOP
  • >
  • 地域情報
  • >
  • おすすめスポット

おすすめスポット

喜多方のおすすめの品、場所です。


<一口まんじゅう>(田原屋菓子店)
一口まんじゅう

地元の人はもちろん、観光客にも大人気の田原屋菓子店さんの「一口まんじゅう」。このまんじゅう、なんと!一個10円!!なので「10円まんじゅう」とも呼ばれています。

かわいい一口サイズで、白まんじゅうと茶まんじゅうがあり、白まんじゅうの中は小豆の黒餡で茶まんじゅうの中はささげの白餡です。
ついつい手がのびて、何個でも食べれてしまう美味しさなんです!10円という値段だけでなく、この美味しさも人気の理由ですね。
(※たくさん購入するとき、「白まんじゅうだけ」とか「白○個、茶○個」といった数の指定はできません。基本、白まんじゅう、茶まんじゅうは半々です。)

田原屋さんには他に上生菓子や大福、ゆべしなどのたくさんの和菓子があり季節ごとにいろんな商品が楽しめます。冬限定の「きんつば」もおすすめの一つ。田原屋さんのきんつばは、一般に言うきんつばとは違い「今川焼き」や「大判焼き」のようなものです。こちらも美味しい餡がたっぷりで皮の素朴な味と相性抜群!特に焼きたては皮がカリッ、中はふんわりとしていて最高です。買った和菓子をその場で食べることができるのもうれしいですね。


生菓子 きんつば 田原屋店内

◆一口まんじゅう 1個 10円

  • 〒966-0815 福島県喜多方市字谷地田7393-3
  • TEL / 0241-22-0574
  • 営業時間 / 9:00〜18:00
  • 定休日 / 水曜日

<味噌ソフト>(田楽喫茶・豆○(まめまる))
味噌ソフト

蔵々亭から少し南へ行った所に「田楽喫茶・豆○」さんはあります。
こちらは星醸造と同じく、味噌・醤油の醸造を営んでいる「金忠」さんのお店です。中では味噌田楽などを食べることができ、昔懐かしい雰囲気が漂う落ち着いたお店です。二階はいたる所に昔の職人の技が施された部屋があります。珍しいのは「船底天井」と呼ばれる天井です。船を逆さにしたように天井の両端が下がった曲線になっています。

そしてこちらが豆○さんおすすめの「味噌ソフト」。味噌のソフトクリームと聞くとビックリしますが、食べてみると意外な美味しさ!味噌のしょっぱさがソフトクリームの甘さを更に引き立てているんですね〜。割と濃厚なお味です。
このソフトクリームに混ぜる味噌は固すぎても柔かすぎてもダメだそうで、何度も何度も丁寧に練り、なめらかさを出しているそうです。
喜多方へ来たら是非食べてもらいたい一品です。


豆○と金忠 田楽喫茶・豆○ 豆○・二階の様子

◆味噌ソフト 250円

  • 〒966-0074 福島県喜多方市字南町2854
  • TEL / 0241-22-0027
  • 営業時間 / 9:00〜16:30(飲食は10時〜)
  • 定休日 / 不定休

<樟山珈琲店>

蔵々亭から南へ徒歩3分、通称“おたづき通り”の道路沿いに「樟山珈琲店」さんはあります。豆の販売もしているコーヒー専門店です。
コーヒーは同じ豆でも焙煎度が異なれば全く違った味わいのものになります。樟山珈琲店さんはそんな一人一人の好みに合わせて豆を焙煎してくれるお店なんです。

中に入ってまず目を引くのは麻袋に入ったたくさんの豆たち。そしてジェットローストという豆を煎る機械。このジェットローストでお客様の好みに合わせて豆を煎ります。
こちらのお店ではコーヒーの注文を受けてから豆を焙煎するので、約10分程の時間がかかります。
種類は70種類以上ありますので、きっとお好みのコーヒーが見つかるはずです。

店の奥には「座敷珈笛 一休」という喫茶スペースが併設されています。
“ざしきかふぇ ひとやすみ”と読みますよ。
ここでは自家焙煎珈琲はもちろん、デザートやお食事をいただくことができます。
コーヒーのカップなども素朴で温かみのある素敵なものです。
蔵の街散策のひとやすみにどうぞ。


樟山珈琲店 樟山珈琲店 樟山珈琲店
  • 〒966-0074 福島県喜多方市字南町2867
  • TEL / 0241-24-5190
  • 営業時間 / (豆販売)11:00〜18:30 (カフェ)11:00〜18:00
  • 骨休日 / 火曜日、第4水曜日
  • http://www.kunugimame.com/

<たまりせんべい>

喜多方のおみやげでは「たまりせんべい」が人気があります。
サクッとした軽い食感に、醤油の香ばしい香り。素朴で懐かしい味わいです。
喜多方にはせんべい屋さんは何件かありますが、どのお店も会津の「米」にこだわり一枚一枚丁寧に焼き上げています。
お店によってそれぞれ違った味わいが楽しめます。








<喜多方の地酒>

喜多方は飯豊山の伏流水に恵まれた、水のきれいな所です。
このきれいな水と厳選された原料、喜多方の気候の中で美味しいお酒が造られます。
喜多方にはお酒の蔵元がたくさんあり、中を見学できるところも。
多くの蔵元で、お酒についての説明を聞いたり試飲をすることができます。








<会津の天神様>(太郎庵)
会津の天神様

こちらは喜多方、というか会津のおすすめ菓子です。
太郎庵さんのお菓子は会津の自然、会津のこころを大切にしているお菓子で、商品も会津にちなんだ物が多く、素材も会津産のものをたくさん取り入れています。

この「会津の天神様」はカステラでチーズクリームをはさんだお菓子なんですが、このチーズクリームが絶品!塩味が効いていてとっても美味しいです!
チーズクリームの天神様は一年中販売していますが、季節ごとに「まっ茶」「ブルーベリー」「いちご」「キャラメルりんご」「あずきマロン」「ちょこ」などの天神様もあり、いろんな味を楽しむことができます。

太郎庵さんでは他にもきなこの羽二重餅「すっちょいさ」やチーズがそのまま入った「チーズまんじゅう」、喜多方店の店内の窯で焼き上げたサクサク香ばしい「窯焼きシュークリーム」など和洋様々なお菓子が揃っています。喫茶スペースもあります。

お店は洋風の蔵をイメージしたもので、店内外には小さな彫刻の動物達が遊んでいますよ☆


◆会津の天神様 1個 105円

  • 〒966-0074 福島県喜多方市字屋敷免3962-1
  • TEL / 0241-24-3473
  • 営業時間 / 9:30〜19:30
  • 定休日 / 元旦のみ
  • http://www.taroan.co.jp/

<ままどおる>(三万石)
ままどおる

こちらも喜多方というより福島県のおすすめ菓子です。
「ままどおる」とはスペイン語で“お乳を飲む人々”という意味だそうです。
CMで、♪ミルクたっぷりママの味〜♪とあるように、ミルクの風味がたっぷり。
しっとりまろやかで大人から子供まで人気があります。
チョコレート味の「チョコままどおる」は10月〜5月の期間限定販売です。

くるみ入り欧風饅頭「エキソンパイ」も三万石さんの人気商品!
さっくり香ばしいパイ生地にやさしい甘さの餡が良く合います☆



◆ままどおる 5個入り(袋詰) 420円


<和飲蔵(わいんぐら)>
和飲蔵

蔵々亭の道路を挟んで向かい側奥にあるのが星酒店の「和飲蔵」です。“わいんぐら”と読みます。
蔵自体は明治初期に建てられたもので、もともとは倉庫として使っていました。そして数年前に一部改装し今はとても趣のあるワインショップになっています。

入口はステンドグラスが施されていておしゃれな造りです。
中に入り周りを見渡すと当時のままの太い柱などが目に入ります。一部を改装しただけで昔の造りをうまく利用していますね。
更に奥に進むとワインセラーが。
国内外のワインが所狭しと並べられています。会津の地ワインもありお土産にも最適です。

和飲蔵には二階もあり、上がってみると入口に「!頭上注意!」の文字が・・・。うっかりすると頭をぶつけてしまうくらい入口が低くなっています。これも昔の造りのままが故ですね。こういうところにも趣を感じます。中はテーブルと椅子がある部屋になっていました。
こちらでは、月に一度開かれるワイン会の時に使用したりするそうです。

全体的に落ち着いていて懐かしさも感じるお店です。
またこちらはお酒屋さんなので日本酒なども購入することができますよ。


和飲蔵 和飲蔵 和飲蔵
  • 〒966-0072 福島県喜多方市字北町2905
  • TEL / 0241-22-0437
  • 営業時間 / 9:00〜19:00
  • 定休日 / 年中無休

<馬車の駅>

味噌ソフトでご紹介した「豆○」さんの向かいにあるのが馬車の駅です。
昔ながらの古い建物に入ると、中はお土産品でいっぱい。ラーメンや漬物、菓子や民芸品など所狭しと並んでいます。

店に入って左側の奥へ進むとそこは地酒の蔵。
お土産に最適な箱入りのものから手軽に買える小さな瓶のものまで数十種類があり、中央には試飲のコーナーが。全種類試飲可能で、実際に地酒を味わってみて好みのお酒を買うことができますよ。



ここ馬車の駅には喜多方名物の「蔵の街観光馬車」も止まります。


地酒の蔵 試飲コーナー 地酒

<蔵屋敷あづまさ>
あづまさ

県内一の米穀商・松崎家の蔵屋敷です。
歴史ある屋敷と蔵を利用し、「もめんの蔵」「お土産の蔵」「蔵座敷お食事処」などにしています。
「もめんの蔵」では素朴な色合いと縞模様が特長の会津木綿や会津木綿を使った手づくりの品々を販売。巾着やエプロン、かわいい民芸品まで様々です。

お食事処は囲炉裏のある懐かしい蔵座敷です。こちらでは味噌田楽や手打ちそばを食べることができます。


あづまさの隣には「うるし美術博物館」もあり、すばらしい漆の美術品を見ることができます。
(入場料 大人300円 / 小・中学生200円)


あづまさ あづまさ あづまさ

<蔵見世(くらみせ)>
蔵見世

味噌田楽のお店。

ゆず味噌、山椒味噌、じゅうねん味噌、甘味噌などいろんな味が楽しめます。

「蔵見世コース(1200円)」は、しんごろう・おもち・里いも・厚あげ・こんにゃく・にしん・しいたけ・ししとうの田楽8本。「喜多方コース(800円)」は、しんごろう・おもち・里いも・厚あげ・こんにゃくの5本のセットです。
他にもそばや甘味などもありバラエティ豊か。

宴会もできますが、夜間は予約のみの営業です。


こちらのお店のちょっと変わっているところは、お店のテーブル。昔、醸造で使っていた樽のふたを再利用しているんです。味があって洒落てますよね。


入口 店内 店内

<喜多の華酒造>
喜多の華酒造

大正8年創業の蔵元。

当初は「星正宗」の銘柄でしたが、戦後「喜多の華」の銘柄で復活。
喜多方で一番を目指すこと、喜び多く華があるようにとの願いが込められています。

数々の鑑評会で金賞・優等賞などを受賞してきた美味しいお酒です。

酒蔵の見学もでき、しっかりと日本酒についての説明をしてくれます。またほとんどのお酒の試飲ができますよ。


店内 試飲コーナー 数々の銘酒
  • 〒966-0862 福島県喜多方市字前田4924
  • TEL / 0241-22-0268
  • 営業時間 / 9:00〜17:00

Copyright (C) 蔵々亭 All rights reserved.